Kindle Unlimitedとは?料金はいくら?登録・解約方法も紹介します

「Kindle Unlimitedを使って読書をしようと思うんだけど
イマイチどんなサービスかわからない、、」

「料金は?使いづらかったらすぐに解約できるの?」

このように思われている人に向けて
今回の記事では「Kindle Unlimited」について紹介いたします。

この記事を読めば、Kindle Unlimitedが

  • どんなサービスなのか
  • 料金
  • 読むことができる本
  • メリット・デメリット
  • 登録・解約の方法
  • お得にKindle Unlimitedを使う方法

がわかりますので、参考にしていただければと思います。

目次

Kindle Unlimitedとは?

Kindle Unlimited」とはAmazonが提供する
200万冊以上の本の中から好きな本が読める、読み放題サービスです。

本のジャンルは多岐にわたり、小説、ビジネス書、雑誌、マンガなどなど。
読書好きにとってはとても魅力的なサービスです。

なかには「マイナーな本ばかりじゃないの?」
と、思われる人もいるかもしれませんが、各ジャンルのベストセラー本の取り扱いもあります。

ちなみにKindle Unlimitedより読み放題の数が少ない
「Prime Reading」というサービスがあるのですが

そちらはAmazonプライム会員に登録している人であれば
追加料金なしで利用できるので、Kindleの雰囲気を知りたいのであれば
そちらから試してみるのも良いかもしれません。

Amazonプライム会員でない人はまずは登録を。

Kindle Unlimitedの料金

Kindle Unlimited月額980円で利用することができます。

個人的に本が読み放題で月額980円は激安価格だと思っています。

仮にKindle Unlimitedを3年間利用していて本を100冊読んだ場合と
1冊1,000円の本を100冊買って読んだ場合を比べると

【Kindle Unlimitedを利用した場合】
980円×36カ月=35,280円

【本を定価で買っていた場合】
1,000円×100冊=100,000円

差し引き
100,000円-35,280円=64,720円お得!

単純計算過ぎますが、読書好きの人であれば
Kindle Unlimitedの恩恵は少なからずあるでしょう。

こんな本が読めます【2021年10月現在】

その時々によって読み放題の対象となっている本に違いがありますが
2021年10月現在、どのような本が対象となっているかを紹介しておきます。

【文学・小説】
ハリーポッター、シャーロックホームズ、日本沈没
君の膵臓を食べたい、鹿の王

【ビジネス・経済】
プロセスエコノミー、共感SNS、モチベーション革命
お金の増やし方、PIXAR

【雑誌】
FRYDAY、FLASH、ファミ通、週刊アスキー
PEAKS、VIDEOSALON

【マンガ】
ドラゴン桜、火の鳥、終末のワルキューレ
転生したら剣でした

etc…

日本沈没や共感SNS、モチベーション革命などなど
けっこう有名どころの本もありますよね。

ただ、マンガは少しラインナップが弱めかなと感じますね。

Kindle Unlimitedのメリット

本を1冊読めば元が取れる

先ほどKindle Unlimited月額980円で利用できると書きましたが
この価格ってせいぜい本が1冊買えるくらいの価格ですね?

本1冊分の価格で読み放題サービスが利用できるわけですから
こんなにコスパの良いサービスはあまりないと思います。

ですから月に本を1冊以上読むのであれば
Kindle Unlimitedを利用しない手はありません。

本棚が不要

Kindle Unlimitedのメリットというよりは
本を「現物で読むか」「電子書籍で読むか」の話になってしまいますが
タブレットなどの端末で本を読めば、本棚を設置する必要がありません。

ですので、「本が多くて部屋が圧迫される」
などの心配は無くなります。処分するのも手間ですしね。

複数の端末で読むことができる

Kindleでは複数の端末であっても同一のアカウントでログインすれば
ダウンロードしている本、読んでいるページが同期できるので便利です。

たとえば、自宅ではKindle Paperwhiteで本を読んで
続きは通勤時にスマートフォンで読む、みたいな使い方ができます。

もちろん読んでいるページも自動で記録しているので
いちいち自分で読んだページを覚えておく必要はなく、勝手に移動してくれます。

新しいジャンルに挑戦できる

Kindle Unlimitedは本のジャンルが豊富なので

「普段は雑誌しか読まないけど、今日は経済の本を読んでみようかな」

なんて感じで、普段は手を出さないジャンルに気軽に触れることができるので
知見を広めるのにとても良いと思います。

Kindle Unlimitedのデメリット

10冊までしか保存することができない

Kindle Unlimitedでは読み放題の本を10冊までしか
自分のライブラリに保存することができません。

11冊目の本を借りようとすると
「返却するタイトルを1冊選択してください」とアナウンスが出るようになっています。

まぁ、一応デメリットとして取り上げましたが
1冊返せばまた新たな本が読めるわけですし、大きなデメリットではないでしょう。

ラインナップが不定期で変わる

読み放題にラインナップされている本は、ずっと読み放題というわけではなく
気が付けば変更されていることがあります。

なので
「今度読もうと思っていた本が読み放題からなくなってる!」
なんてこともあり得るわけです。

明確に月初に変更されるとか、月末に変更されるなどの情報がなかったので
Amazonのカスタマーサポートに連絡してみたところ
以下のような返信をいただきました。

Amazonカスタマーサポート

読み放題タイトルは常に変更されているとのこと。

そしてこの後に
「入れ替えのタイミングはコンテンツ制作者との契約により決定される」
との回答も頂きました。

ですので、読みたい本があればその都度
ライブラリに保存しておくと良いでしょう。

Kindle Unlimitedへの登録方法

Kindle Unlimitedへの登録方法を説明します。

Kindleの読書アプリからは登録できないので、ブラウザから
こちらにアクセスして登録を進めてください。

iPhoneであれば↑のような画面が表示されるので
指示に従い登録を進めます。

Amazonのアカウントを持っていなければ
アカウントの登録から始める必要があります。

Kindle Unlimitedの解約方法

ブラウザでの解約方法
  1. Kindle Unlimited会員登録を管理にアクセス
  2. Kindle Unlimited会員登録をキャンセル
  3. メンバーシップを終了する
Kindleアプリからの解約方法(android)
  1. ストア
  2. Kindle Unlimited読み放題
  3. マイページ
  4. Kindle Unlimited会員情報をキャンセル
  5. メンバーシップを終了する

iosアプリからも解約できないかと試してみましたが
解約ページを見つけることができなかったです。

Apple端末の人はブラウザからの解約をおすすめします。

Kindle専用端末を買うと3カ月無料

Amazonが販売しているKindle専用の端末
「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」を購入すれば
3か月分のKindle Unlimited無料体験が付いてきます。

もしもタブレットを持っていなくて、大きな端末で読書したいのであれば
Kindle専用端末はおすすめです。

良くも悪くも読書のみができる端末なので
ネットサーフィンなどに時間を費やすことなく
読書に集中することができます。

ちなみに「Kindle Oasis」 には
ページ送り機能や明るさ自動調節機能が付いていますが
「Kindle Paperwhite」には付いていません。
そこが2つの主な違いです。

参考:Amazon
参考:Amazon

記事まとめ

今回の記事では「Kindle Unlimited」について情報をまとめてみました。

もう一度おさらいしておくと、Kindle Unlimitedとは

  • どんなサービスなのか
  • 料金
  • 読むことができる本
  • メリット・デメリット
  • 登録・解約の方法
  • お得にKindle Unlimitedを使う方法

↑の内容についてお話させていただきました。

月に1冊でも読書する人にはめちゃくちゃおすすめのサービスなので
ぜひKindle Unlimitedを利用してご自身の知見を広めていただければと思います。

あと、本を読みたいけど時間が取れないという人は
Audible「聴く読書」をしてみてはいかがでしょうか?

こちらもAmazonが提供しているサービスで
40万冊を超える本をプロのナレーターが朗読し、
それを耳で聴くことができるサービスとなっております。

これなら通勤中の時間を有効活用できるので
忙しい人にもうってつけだと思います。

最初の1冊は無料でダウンロードできるのでぜひ試してみてください

【Audible】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる